危口統之 搬入プロジェクト – 【2016/4/28収録】鴻英良×危口統之×黒瀬陽平「ラディカルな芸 …

概要
サマリー

危口統之『危口統之一〇〇〇』(2018年) 悪魔のしるし『carry-in-project 2008-2013 document: words』(2015年3月31日) 危口統之『遊星からの物体を搬入 プロジェクトx2 ~神宮前3丁目計画』(2009年4月25日)

危口統之アーカイビングプロジェクトの全容 今回ご支援いただく費用は、下記プロジェクトの諸経費・制作費として運用する予定です。 まだまだ網羅的な全アーカイブ作成には時間をかけながら、まずはこちらの内容を目指したいと思います。

危口統之『危口統之一〇〇〇』(2018年) 悪魔のしるし『carry-in-project 2008-2013 document: words』(2015年3月31日) 危口統之『遊星からの物体を搬入 プロジェクトX2 ~神宮前3丁目計画』(2009年4月25日)

搬入プロジェクトとは? 搬入プロジェクト(Carry-in-Project)は、劇団悪魔のしるし(主宰:危口統之、2017年3月死去[1])による、演劇およびパフォーマンスアートの演目である。脚注^ a b

悪魔のしるし「搬入プロジェクト」と「百人斬り」が、愛知・豊田市美術館で開催される「『ビルディング・ロマンス』|現代譚(ばなし)を

危口統之. An announcement on Noriyuki Kiguchi’s health condition On November 28th, 2016, Noriyuki Kiguchi of Akumanoshirushi was diagnosed as having lung cancer (more specifically, pulmonary adenocarcinoma).

CARRY-IN PROJECT #2 / 搬入プロジェクト#2 神宮前3丁目計画 Apr. 25 / Tokyo 2008 Restaurant of Abundant Orders / 注文の夥しい料理店 Dec. 12-14 / Tokyo CARRY-IN PROJECT #1 / 搬入プロジェクト#1 遊星からの物体を搬入プロジェクトX Feb. 17 / Tokyo 2007 Monthly Akumanoshirushi / 月刊悪魔のし

The latest Tweets from 悪魔のしるし (@akumanoshirushi). 演劇などを企画・上演する集まり. 首都圏

フォロワー数: 1.9K

Apr 28, 2016 · 劇団「悪魔のしるし」を主宰する演劇界の異端児・危口統之。彼は「演劇」と言いながら、空間にギリギリ入る物体を製作してそれを搬入する『搬入プロジェクト』や、謝罪会見を模した芝居、また、歴史や日常の隙間から出てきた奇妙なテーマを扱ったパフォーマンスなど、ラディカルな作品

『搬入プロジェクト』のオープン化 『搬入プロジェクト』はかつてより、悪魔のしるしを主宰する危口統之氏によって「他の誰でもやっていいし、やってほしい」 ※1 と明言されている。

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感と

父・木口敬三さんからのお手紙と版画の図案が届きました 今年3月肺癌のため42歳で他界した演出家・危口統之。団体「悪魔のしるし」を主宰し、数々の作品を残した彼の表現をもう一度見直そう。 – クラウドファンディング Readyfor

危口統之 危口統之の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力く

その形状は、一見すると搬入経路にはすんなりとは入らないと思えるような形状に工夫されている 。 危口は2017年に死去し、2018年現在は「悪魔のしるし」メンバーらによって「搬入プロジェクト」の実施についてcc0での権利放棄が宣言されている 。

危口統之がスタートした悪魔のしるしの「搬入プロジェクト」についての知恵袋を目指しています。 危口統之 Wikipedia . 演出家・危口統之(1975~2017)が2008 年に考案しました。

作風は基本的に、演劇的な要素の強い舞台作品と、祝祭的なパフォーマンス作品という二つの系統。 団体名は、主宰・危口統之の敬愛する英国のロックバンドblack sabbathの楽曲 「symptom of the universe」に付けられた邦題、「悪魔のしるし」に由来。2008年結成。

危口統之 「悪魔のしるし」主宰・演出家。1975年岡山県倉敷市生まれ。2008年演劇などを企画上演する集まり「悪魔のしるし」を組織。 代表作に《搬入プロジェクト》《わが父、ジャコメッティ》など。2014年度よりセゾン文化財団シニアフェロー。

この度NADiff a/p/a/r/tでは、1000ページの巨大文庫「一〇〇〇」シリーズ第6弾、『危口統之 一〇〇〇』のフェアを開催いたします。 危口統之は、2008年「悪魔のしるし」を結成し、演劇作品や独特のパフォーマンス作品を手がけてきました。

危口統之『危口統之一〇〇〇』(2018年) 悪魔のしるし『carry-in-project 2008-2013 document: words』(2015年3月31日) 危口統之『遊星からの物体を搬入 プロジェクトx2 ~神宮前3丁目計画』(2009年4月25日)

ロームシアター京都は、文化芸術の創造・発信拠点として、文化芸術都市・京都の名を高め、京都のまち全体の発展に寄与することを目指しています。舞台芸術公演が行われるホール以外に、賑わいを創出する新しい施設を備えることで、これまでにない開かれた場が生まれ、「劇場のある空間

『搬入プロジェクト』は、ある空間に入らなさそうでギリギリ入る巨大な物体を設計・製作し、それを搬入するパフォーマンス。同作品は著作権が放棄されるなど、発案者である悪魔のしるしによってオープン化(作品を開いていくための活動)が推進されている。

出展作家は飴屋法水、スーザン・ヒラー、危口統之と悪魔のしるし、志賀理江子、アピチャッポン・ウィーラセタクンの5組。 危口統之と悪魔

カバー画像:「搬入プロジェクトー京都・岡崎計画」山城大督 【イベント概要】 劇団「悪魔のしるし」を主宰する演劇界の異端児・危口統之。彼は「演劇」と言いながら、空間にギリギリ入る物体を製作してそれを搬入

危口統之(本名、木口統之) 演出家 1975年岡山県倉敷市生まれ / 1999年横浜国立大学工学部建設学科卒業 大学入学後演劇サークルに所属し舞台芸術に初めて触れるも卒業後ほどなくして活動停止、

【訃報】悪魔のしるし主宰、危口統之さん 大学時代から演劇活動をはじめ、2008年「悪魔のしるし」を結成。2016年の『搬入プロジェクト』(ロームシアター京都・オープニング事業)やパフォーマンス『歌舞伎町百人斬り』など、演劇・パフォーマンス

話し手:危口統之(悪魔のしるし主宰、演出家) 日時 2016年9月25日(日)14時より(13時30分開場) 会場 パルル parlwr 名古屋市中区新栄2-2-19 新栄グリーンハイツ1階 入場料 500円 問い合わせ パルル(担当:新見) [email protected] 悪魔のしるしの代表作搬入プロジェクト。

劇団「悪魔のしるし」主宰・危口統之(きぐちのりゆき)が肺腺癌と診断されたことを、劇団公式ホームページ で公表した。 癌の進行段階はステージ4で、集中した治療が必要となる状況という。

劇団「悪魔のしるし」を主宰する演劇界の異端児・危口統之。彼は「演劇」と言いながら、空間にギリギリ入る物体を製作してそれを搬入する『搬入プロジェクト』や、謝罪会見を模した芝居、また、歴史や日常の隙間から出てきた奇妙なテーマを扱った

『搬入プロジェクト』は、2008年に「悪魔のしるし」(主宰:危口統之氏)によって初上演。 瀬戸内国際芸術祭(2010)、六本木アートナイト(2014)などに招聘され、また海外でも7か国10都市で上演さ

危口統之 ジャンル 搬入プロジェクト (2010年 香川県豊島、 撮影 杉田大輔) 禁煙の害について(2010年 vacant 撮影 杉田大輔)

悪魔のしるし主宰・危口統之インタヴュー 過去の作品だと、とうてい入らなそうな巨大かつ複雑な構造をもった物体をただただ搬入するという「搬入プロジェクト」や、参加者をバッサバッサとぶった斬る「百人斬り」というパフォーマンスなどがある。

Oct 02, 2015 · 『搬入プロジェクト』の実績と建設現場での揚重工としての労働から得たノウハウを活用し、演出家・危口統之が手段を選ばず、厳粛に、かつ

劇団「悪魔のしるし」主宰・危口統之(きぐちのりゆき)が肺腺癌と診断されたことを、劇団公式ホームページ で公表した。 癌の進行段階はステージ4で、集中した治療が必要となる状況という。

1000ページの巨大文庫「一〇〇〇」シリーズ第6弾、『危口統之 一〇〇〇』。 危口統之は、2008年「悪魔のしるし」を結成し、演劇作品や独特のパフォーマンス作品を手がけてきました。

危口 ちょいちょい話には出ますね。 __ 例えば全員で一つの複雑な構造物を運ぶ作品「搬入プロジェクト」 3 はまさに建築をモチーフにしているし、「注文の夥しい料理店」 4 はまさに作品のコンセプトそのものがとても構造的だなと感じたんです。登場人

Jan 20, 2018 · Search query Search Twitter. Saved searches. Remove; In this conversation

2016年12月、主宰・危口統之が癌であることを発表してから、我々の「蟹/cancer」との歩みは始まった。2017年3月17日、主宰は他界したが『蟹と歩く』の不断の歩みをこの同行者全員で作品化する。

動画説明. 劇団「悪魔のしるし」を主宰する演劇界の異端児・危口統之。彼は「演劇」と言いながら、空間にギリギリ入る物体を製作してそれを搬入する『搬入プロジェクト』や、謝罪会見を模した芝居、また、歴史や日常の隙間から出てきた奇妙なテーマを扱ったパフォーマンスなど

現在日本で最も注目を集めるパフォーマンス集団のひとつ 「悪魔のしるし」による「搬入プロジェクト#11」が鳥 取で開催決定! 1/ 11(金)18:30より、会場となる旧横田医院にて、主 宰の危口統之さんによるアーティストトーク兼2月に行う 鳥取計画の概要説明会を行います。

危口統之は、団体「悪魔のしるし」を主宰する演出家である。団体、という漠然とした呼称をあえて私が書くのは、危口と「悪魔のしるし」の活動形態が、演劇、パフォーマンス、美術、建築など多岐にわたっているからだ。

【生放送】鴻英良×危口統之×黒瀬陽平「ラディカルな芸術とはなにか——芸術祭におけるアーティストと観客」 @

このプロジェクトは、劇団「悪魔のしるし」(故・危口統之氏主宰)が2018年に著作権をオープンにした作品「搬入プロジェクト」を札幌独自にアレンジしたもので、10月3日に札幌市内から地下鉄や市電を使い、地下街を通ってピースを札幌市民交流プラザに

演出家の危口統之さんが亡くなった。 だけど京都のロームシアターでようやくまともに搬入プロジェクトの記録を観た時に、はっきりとこのプロジェクトが好きだと思って(もちろんすでに世界中で上演されていたのだけど)初めて、危口さんと話し

某所で「搬入プロジェクト」について話す予定なので その原稿を書いた。ので転載。 口調については突っ込まないで欲しい。そういう場なんですよ。 へい どうも 俺は危口統之ってケチな野郎で

搬入プロジェクト物体データベース|CARRY-IN-PROJECT: A History of The Thing/Poster/2018 CL: 悪魔のしるし|Akumanoshirushi/PL: 危口統之|Noriyuki Kiguchi/IL: 石川卓磨|Takuma Ishikawa

[PDF]

危口統之と悪魔のしるし 《搬入プロジェクト#9 バーゼル/スイス(テアターフェスティバル・バーゼル)》 2012年 – Noriyuki Kiguchi and AKUMANOSHIRUSHI CARRY IN PROJECT #9 Basel /Switzerland( Th eatr F siv lB ) 2012 photo: Simon Baur – スーザン・ヒラー 《L ost a ndF u 》 2017年

Oct 24, 2016 · 悪魔のしるし 演劇(など)を企画上演する集まり。2008年頃に結成。 主宰・危口統之の思いついた何かをメンバーたちが方法論も知らず手さぐり

悪魔のしるしの公演「わが父、ジャコメッティ」のクチコミ情報、チケット情報が確認できます。今観られるお薦めの演劇、ミュージカル等が分かる舞台芸術のクチコミ・チケット情報ポータルサイト。公演・劇団・劇場情報や役者のオーディション・チケットプレゼントなど演劇・舞台芸術

参加アーティスト: 【演出】危口統之(悪魔のしるし) 【設計】石川卓磨(悪魔のしるし) 【グラフィック・デザイン】宮村ヤスヲ(悪魔のしるし)

危口統之と悪魔のしるしは、傑作「搬入プロジェクト」をメインに据えて展示している。これは「搬入しかない」作品だから、ほんとは「展示」できない。搬入し続けることはムリだからだ。 会期の初日に、「搬入プロジェクト」が実施された。

このプロジェクトは、劇団「悪魔のしるし」(故・危口統之氏主宰)が2018年に著作権をオープンにした作品「搬入プロジェクト」を札幌独自にアレンジしたもので、10月3日に札幌市内から地下鉄や市電を使い、地下街を通ってピースを札幌市民交流プラザに

『搬入プロジェクト』の実績と建設現場での揚重工としての労働から得たノウハウを活用し、演出家・危口統之が手段を選ばず、厳粛に、かつ安全を確保しながらこのタスクを遂行します。危口の計算では「奇跡」の起こる確率は5分5分。 Drawing by Noriyuki Kiguchi

危口統之は、大学で学んだ建築から、国内外のアートフェスティバルで人気を集める『搬入プロジェクト』を生み、一方で最新作『わが父、ジャコメッティ』は、画家である実父を俳優として起用し、自分も息子役で出演するなど、実人生に正直な軌跡を

危口統之 親譲りの天邪鬼で子供の時から損ばかりしている。小学校にいる時いじめを正当化する発言をして教師を動揺させたことがある。なぜそんなむやみをしたと聞く人があるかもしれぬ。別段深い理由

主宰の危口統之をはじめ、建築やファッションなど多分野にまたがる専門家たちによる異色のパフォーマンス集団の成せる技と言えるだろう。 新作舞台作品『わが父、ジャコメッティ』は、かつて画家だった父と舞台芸術を仕事とする息子による物語。

金森は、さまざまなアートプロジェクトにも関わってきました。2017年に急逝した演出家・危口統之が主宰する劇団『悪魔のしるし』もその一つです。